タブレットwp操作する人

車を管理する

IT社会が発展する中、いろいろな企業が開発に取り組んでいます。最近、利用者が多くなっているのが車両管理システムです。このシステムを導入することで愛車の状態がすぐに確認することができます。

続きを読む

ネットの発達により

インターネットの発達した今日では、web会議など従来の取り組みをデジタル化する試みも始められています。web会議の利点は役員全員が同じ場所にいる必要がないことが挙げられます。そのため、移動時間を省くことが出来て便利です。

続きを読む

電子カルテ

クラウド型が未来を切り開く

電子カルテがなかった時代、カルテは、ドイツ語で書いたり、どっからどう読めばよいのかわからない字で書いたりされていました。 書いた人ですら読めない時代が長く続いていましたが、最近は電子カルテになり、誰が打ち込んでも綺麗に成形された状態で見た人が一目瞭然となっています。 そして今や電子カルテは持ち運ぶ時代に入っています。 勿論、セキュリティー面の進歩もあったので出来る状態ですが、クラウド型になり、同じ情報を複数の人で共有出来るのが電子カルテの最大の魅力と言えます。 そして患者ひとりひとりの情報がリアルに届けられるのが最大のメリットとなります。 クラウド型にすることにより、スマホやタブレットと言ったもので外部からのアクセスも存分に可能です。

病院の必須アイテムはパソコンだけではありません

電子カルテ自身は医師が診察した後に所見を書くところなのですが、往診している間に書かないと大切なことは、全て忘れてしまいます。 電子カルテはクリックひとつで多くの事が出来るようになっており、症状を一覧から選んだり、悪い箇所を一覧から選んだり、現状の病気から付随する部分を選んだりと、多々クリックひとつで出来ます。 それ以外にも、薬の適応症を一つの薬剤から導き出してくれたりもしますので、ある程度知識がなくても選べるようになっています。 ただ全て知識がないと触る事すら出来ないのが特別業種と言えると思います。 今後は、事務による打ち込みが可能になったり、看護師による打ち込みが可能になったりと進化はとめどなく続くと思います。

最先端の技術

どこでもシステムの力を借りることで業務の進歩を行なっています。医療機関でも同じです。医療機関で業務を効率よくする方法としてあるのが電子カルテです。このシステムには様々なメリットがあります。

続きを読む